境界を越える幸せ

21世紀社会デザイン研究科 立花ゼミ 平和教育班 ハンドルネーム:中岡ともの のブログ
境界を越える幸せ TOP  > 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ヴュルツブルクと音楽の「戦争の記憶」

さきほど、立花先生から事実確認で、昨年一緒にいったベルリンの戦争遺跡のことについて電話がありました。

*現在、先生は広島・長崎にいらっしゃるそうです。先生から携帯に突然連絡あるのは嬉しい反面、少々びっくりです。

けれども、恥ずかしながら私も自信がなく、インターネットで調べはじめたところ、
自分にとって知らなかった興味深い事実もでてきたので、メモしておこうと思います。

◆エルヴィン・シュルホフ(Erwin Schulhoff)

1941年バイエルン州のヴァイセンブルク近郊のヴュルツブルク強制収容所に収容され、
翌年8月に結核のため死去。
http://imslp.org/wiki/Category:Schulhoff,_Erwin

ナチスの迫害で多くのユダヤ系音楽家が命を落としているのは知っていましたが、
実際に作曲家の名前やその曲に触れたのは今回が初めてです。

さらに、私が十数年前に留学していたヴュルツブルクに強制収容所はあったとは
聞いたことがない・・・ので少々ショック。。。
本当に強制収容所があったのかしら、といろいろ調べてみました。

強制収容所があったという事実はみつかりませんでしたが、代わりにこういう
ものを見つけました。

第三帝国の遺跡
そのなかで、ヴュルツブルクのページも・・・

青春(?)を過ごした見慣れた街角がナチスの軌跡と重なって本当に個人的に衝撃を受けました。
バイエルン州は1933年のナチスの政権掌握後、すぐにその支配下におかれたと聞いていますが、
ヴュルツブルクも例外ではなかったのですね。。。

いつかは「戦争の記憶」演奏会とでも称してこういう演奏家の作品を集めて何かできないかしら・・・

とまだまだ思い付きですが、その日のために下記に作品をメモ。ドイツで譜面も探してみたいと思います。

ヴァイオリンとピアノのための組曲(1912年)Op.1 WV.18
Violin Sonata ヴァイオリン・ソナタ第1番(1913年)Op.7 WV.24
http://www.youtube.com/watch?v=FKuDb2GGL40&feature=related


スポンサーサイト
[ 2011/07/23 13:11 ] 大学院 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。