境界を越える幸せ

21世紀社会デザイン研究科 立花ゼミ 平和教育班 ハンドルネーム:中岡ともの のブログ
境界を越える幸せ TOP  >  2009年11月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

思い出を語るきっかけ

私ごとで恐縮ですが、伯父が他界しました。

その際に親戚が集まったのですが、
伯父の思い出話をしているときに、
親戚の話題が、戦中・戦後の話になり、
疎開の時のこと、収容所の経験などを語り始めました。
*私がドイツの研究をしているといったら、収容所にいたドイツ人の話をはじめられたのです。

以前授業で、先生から
「両親から戦争の話を聞いたことがあるか」
と聞かれたことがあります。

けれども、母から聞く話はあまり悲惨なものではなく、
疎開先で、離れが与えられたが、兄弟3人で寝そべると
穴があいた屋根から星が見えた、とか、
なんとなく穏やかなものが多かった。

ところが、その母も、戦争中の父親の話をし始めたのです。
祖父は軍需関連の工場で勤めていて、兵役にいかなくて済んだこと。
子どもたちを兵隊にいかなくていいように(というデマを信じたのかもしれませんが)
軍需関連の機械を家に購入していたらしいこと、など。

人は、何かのきっかけが与えられると、昔の記憶がよみがえるのでしょうか?

伯父の告別式の翌日、
戦中・戦後の生活風景が展示された昭和館にゼミで見学にいきました。

感想はいろいろありますが、とにかく今度、母と一緒にきてみたいと思いました。

母は、昔の記憶に触れて、一体、何を語りだすのでしょうか。。。
スポンサーサイト
[ 2009/11/15 21:34 ] 日常生活 | TB(0) | CM(0)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。