境界を越える幸せ

21世紀社会デザイン研究科 立花ゼミ 平和教育班 ハンドルネーム:中岡ともの のブログ
境界を越える幸せ TOP  >  2010年10月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

アウシュビッツ 番外編

アウシュビッツ最終日の夕食時、実は数名の参加者がいませんでした。

何をしていたかというと、
現地の人にオフィシエンチムを案内してもらっていたのです!
オフィシエンチムはポーランドのアウシュビッツ収容所のある地名です。
戦争中は、ドイツ軍が地域一帯をアウシュビッツと名前が変えてしまい、戦後ポーランド名に戻りました。
だから、アウシュビッツ収容所に見学に行く場合、クラクフから電車で移動する目的地は
オフィシエンチム駅になります。

オフィシエンチムは、アウシュビッツだけじゃないのよ!
私たちが昔から暮していて、普通の生活がある。
それを知ってほしい、

そういう申し出であったと聞いています。

いわれてみれば、
ずっとオフィシエンチムに先祖代々住んでいたのに、
ナチスがやってきて、追い出され、
5年もしないうちに帰ってきてみれば、
自分たちの土地でむごいことをやっていた
けれども、そこには自分のルーツがある、
だから、そこに住み続ける

たしかにビルケナウの近くにも多くの住宅がありました。

なにはともあれ、夕食時にそれぞれが体験を語っているときに、
数名はオフィシエンチムの夜の街にでかけ、
翌日は、教会のミサにも参加し、その人たちの家族とも会い、
おみやげもいただいて
オフィシエンチムという街の別の一面と、
懐の深さを体験してきたようです。

もともとツアーの趣旨としては、
ポーランド人がアウシュビッツをどう考えるか、
を知ることでもあったので、
それに参加した人は、非常に幸運だったと思います。

私もおこぼれで、「ポーランドの一番少額のコイン」とヨハネ・パウロ2世のバッジをいただきました。
前回きたときにヨハネ・パウロ2世がポーランドにいらした、ということを話したのと、
少額のコインは幸運をもたらすからだそうです。いまも財布にいれています。
スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。