境界を越える幸せ

21世紀社会デザイン研究科 立花ゼミ 平和教育班 ハンドルネーム:中岡ともの のブログ
境界を越える幸せ TOP  >  スポンサー広告 >  大学院 >  講演会で泣く・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

講演会で泣く・・・

学内で開かれた日本のナショナリズムに関する講演会に出席し、涙してしまった。
http://www.rikkyo.ac.jp/sindaigakuin/sd/090625tirasi.pdf

慰安婦のことを思ったからではない、
原爆の犠牲者のことを考えたからではない、

大学生の昔、韓国にいったときに自分が友人の友人に語ったセリフを思い出したから。

その人は、日本語は話せるけれど、私に会うまで日本人と接したことはなかったという。
壊される前に朝鮮総督府だった建物がみたいといったら、当然のように責められました、日本が昔韓国で行ったこと。

それに対し、

国は簡単に謝れないけど、私は謝るし、繰り返さないよう誓う、
そういう人がいるということを知ったうえで、日本を見てほしい、といいました。
総督府がみたいのも歴史を示すものがなくなるからこの目でしかとみておきたいからだ。それ以上でも、それ以下でもない。

けれども、日本が謝らない限りこのような会話はきっと今日もどこかで起こっている。
私はあまりに無知だった。

そして、いまの日本をみていると、どうもナチスが台頭してきたころと時代背景が似ている気がしてならない。もし、日本が、ナショナリズムという名のもとに暴走したら、いまのわたしはあまりにも無力だ。

自分がいった言葉を守れないかもしれない、それを思ったら涙がでてきたのである。
スポンサーサイト
[ 2009/06/26 01:11 ] 大学院 | TB(1) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

小さき人々の記録
シンポジウムにいってきた。 「海外からの視点~いまニッポンのナショナリズムを問う」 <中国、米国人ドキュメンタリー映画監督たちは語る>    http://d.hatena.ne.jp/NEAT/20090625 あ、河村書店にのってるね。 だいたいこんなかんじ。 ゲスト3名...
[2009/06/27 11:08] 修士からの道


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。